表情じわの抑制に効果的!ボトックスを使ってみよう

注射することで効果を発揮

顔の表情筋を動かしているとほうれい線や目尻の皺が深くなってしまいます。これは仕方のないことなのですが、クリニックを利用すると改善可能です。ボトックス注射と呼ばれるサービスを行っていて、ボツリヌス菌を注入すると表情筋の働きを抑制できます。

そうすることで徐々に表情じわがなくなっていく仕組みをしているのです。プチ整形に該当する施術なので効果期間が決まっています。大体3ヶ月から4ヶ月程度の効果が持続しますが、個体差も関係するのです。また施術を行う箇所によって持続時間が変化します。

効果の切れる期間を狙って注射を行うと、持続時間を伸ばせる特徴もあるのです。大きな顔にコンプレックスを持っているなら利用を検討してみるといいでしょう。

塗るボトックスもある

一般的に注射を行うのがボトックスになりますが、塗るボトックスも用意されています。スペインでは注射によるボトックスが禁止されているため、塗るボトックスが登場したのです。ボトックスの代わりになるアルジリンは保湿効果も含まれています。

手軽に行得るのが魅力のアルジリンですがボトックスよりも効果は低くなっているのです。植物由来の成分を配合しているため、副作用の心配がなく安全に利用できるのが魅力となっています。実際に美容クリニックでも採用しているところがあるのです。

化粧品にも含まれている成分で、日頃の目尻ケアとしても重宝するでしょう。まず手軽に試してみたいならアルジリンから利用すると良いです。

ボトックスの施術に挑戦をする際には、特に気になる顔の周りのしわやたるみの状態について、担当の医師に確認をしてもらうことが大切です。