ムダ毛処理は皮膚にもダメージが?起こる症状と改善法とは

ムダ毛処理の方法によっては皮膚にも影響が

ムダ毛処理はムダ毛だけに影響があるものではありません。例えばカミソリでムダ毛処理を行った後に肌に痒みや赤みが出たり、数日経過した後にムダ毛処理を行った場所を見ると皮膚の下にムダ毛が生えている埋没毛があった、という経験をした人もいるのではないでしょうか。これはカミソリがムダ毛だけではなく、皮膚にも影響を与えている証拠なのです。

なぜ皮膚にもダメージがあるの?

ムダ毛処理の方法にはさまざまなものがありますが、カミソリなどでムダ毛処理を行うと目には見えませんが皮膚には細かい傷がついてしまいますので、かゆみや赤みの原因になります。また、皮膚の表面をカミソリで剃ってしまうと、皮膚が再生して毛穴をふさいでしまうため、新たに生えてきたムダ毛が行き場を失くして埋没毛になります。除毛クリームを使った場合にも、ムダ毛と皮膚はどちらもたんぱく質で出来ているため、特に肌が敏感な人はダメージを受けてしまう可能性があります。

ダメージを受けない脱毛法はないの?

頻繁にムダ毛処理を行っていると、これらのダメージが積み重なってしまい肌がぶつぶつ見えるようになってしまったり黒ずみが生じてしまう可能性があります。これらのダメージを受けないようなムダ毛処理の方法としては、サロンで脱毛してしまうという方法が最適です。時間はかかってしまいますが、処理が終わればムダ毛が生えてくることは無くなりますので肌がダメージを受けることは無くなりますし、頻繁なお手入れの必要もなくなります。サロンでの脱毛は、いつでも美しい素肌を保つことができる方法だといえます。

医療脱毛は、脱毛効果が期待できますし、施術する方が医療に従事していますのでトラブルがあった場合に適切な処置を行うことが出来るので安全です。